イタリアの現状

仕事でイタリアのモーターショーに来ています。明日からはレッドブルカートファイトなるイベントがあり、昨晩あたりからホテルではカート関係者やレッドブルのロゴが入った服を着ている人が目立つようになってきました。



さて、このモーターショー。イタリアでは最大の規模を誇るショーなんですが、流石に最近の経済状況の影響を大きく受けたようで、展示ブースも半分に縮小。いつも10日間ほど開催するショーも5日間に短縮と現在のイタリアの状況を如実に表しています。



それでもお客さんは結構入っているようで、イタリア人の車好きは変わらない様子。



それにしても、レッドブルの勢いはすごいですね。明日からはレッドブルとトロロッソの両F1チームがデモランをやるそうです。



景気の影響で失速気味のレース業界にもエナジーを。。。といったところでしょうか。。



それにしても、レッドブル関連のイベントは「不思議な雰囲気」の業界人が多い。。。大昔に消えたと思っていた人が突然復活しているのも特徴です。



詳細は控えますが。。。笑
モータースポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


久しぶりのF1テレビ観戦

ひさしぶりにゆっくりと自宅のテレビでアブダビGPを観戦。ここは昨年、一昨年とGTの開幕戦があった場所。いろんな意味で思い出深いサーキットです。レースの内容もなかなか見ごたえありましたね。特にライコネンのセーフティーカー直後のファステストラップにはしびれました。先日のモートレに遊びに来たJRMのメカニックが言った言葉そのままでしたね。



「いいドライバーは、必要なときに速く走れる」



まさにそれを証明する走りで復帰後の初優勝を決めてくれました。



さらに、これは日本の放送で拾ったかどうか微妙ですが、レース中のエンジニアと彼の会話に大爆笑。前半、5秒以上のリードでトップ独走中にそのタイム差をエンジニアがキミに報告すると



「Leave me alone. I know what I am doing!!!」



日本語にすると・・・



「ほっといてくれ。わかっとるわぁ!素人とちゃうわ!!」



ってな感じです。



そして、後半に再び入ったSCでエンジニアがタイヤの温度を保つようにリマインドしたところ、まだエンジニアが話し終わる前に割り込んで



「YES,YES,YES, I know, Don't need to tell me every second!!」



日本語にすると・・・



「はい、はい、はいぃ!!何べんも言わんでええんじゃ!!」



とまあ彼が関西弁を話すかは別として。。。笑



とにかく、今日のキミは100%のキミでしたね。もちろん、チームスポーツなので彼の言動には賛否両論あると思いますが、私は好感をもっています。優等生のふりをした同じカラーのドライバーばかりではレースはつまらない。ルールを守ってさえいれば、どんなドライバーでも速い奴がトップ。自分が持つ速さだけで勝負する彼の姿は持って生まれたカリスマ性なんでしょうね。



特に今日の集中力はハンパないレベルでした。現状のパッケージで勝つために必要な集中力とテンションを保つための彼の言動と考えればチームも納得だし、なによりテレビを見ている視聴者にはとても美味しい。笑



表彰台で、DCにインタビューを受けた際、ひさしぶりの優勝は感慨深いか?と聞かれ「いや、べつに」と答えたキミの言葉は「自分は勝って当然」と信じて疑わない彼のメンタル面の強さを物語っていた気がします。



誤解も受けやすい彼ですけどね。。。素でグランプリを戦える彼を理解し、心から羨ましく思っているドライバーは世界中にいるはずです。



日本にも何人かいるんですけどね。表彰台で笑顔を見せなくて後で怒られてる若手ドライバーが。。。笑



今の日本のシステムでは評価されにくいかもしれませんが。。。
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


保守的な考え

いきなり、このコラムに似合わないタイトルですが。。。笑



政治や企業でも多々見られる「自らのポジションを守ることだけ」に執着した保守的な行動や発言。もちろん、個人それぞれの人生ですから守ることがいけないとは言えないでしょう。ただ、度が過ぎた考えや行動は肝心な方向性をも見失うことも多く、最後には本質から遠く離れ、それぞれの非を指摘しあうばかりになってしまうことが多いようです。



これはレース界でも同じ。まあ、レース界といっても我々のような実際に車を走らせる人間ばかりでは成り立っていかず、まったく車に触れないポジションとして業界に関わる方も多いので、基本的には他の職種と大差はありませんから。



そして、現場でも同様の事は多々起こります。「車のことは良くわからんが、金を使ってるんだからとにかく速くしろ」とか「俺は悪くない、もともとの車が悪いんだ」とかね。。笑



難しいのは、どちらも間違っていない場合。



お互いが信念を持って上記のようにぶつかると全くもって決着がつきません。



では、私はどう対応しているか。。。



一歩、会話の輪の外に出て、第三者として全体の流れを検証します。

そして、共通の方向性を見出してそれを実現させるための役割分担を行います。そして互いの仕事が潤滑にかつ迅速に進められるように相互のコミュニケーションを強化。などなど。。。



と考えると。。。



これって小学校の学級委員でもできるレベルじゃないかな?



なんて思うわけです。笑

じゃあ、なんだかんだワーワー言ってる人達は。。。。



今日はこの辺にしておきましょう。笑





さあ!今年最後のモートレです!

はりきって西コースです!!!



お待ちしてます。
モータースポーツ | comments (1) | trackbacks (0) | pagetop↑


イタリアのヒーロー

先日、Moto GPに行ってきました。イタリアGPだけに、観客の注目は他でもないヴァレンティーノ。ドカティのトラックの周りは常に人だかりでした。近年はF1でイタリア人が全く活躍できていないこともあり、レースファンのヴァレンティーノに対する強い思いは倍増しているんでしょうね。。でも、結果が。。。常に彼を支えているお父さんのグラッツィアーノの表情もさえない感じでした。



でも、そこは生き馬の目を抜くトップカテゴリーの業界人たち。

既にいろんな噂がピリピリしたパドックを飛び交っていました。



何はともあれ、来年のヴァレンティーノ。もうちっと戦闘力の高いマシンに乗れるといいね。



この数ヶ月がいろんな意味でキーになりそうです。。。。
モータースポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


雨トレお疲れ様でした。

モートレ16にご参加いただきました皆様。難しいウェットコンディションの中、お疲れ様でした。早速、ナビゲーター鈴木からレポートが来ています。西コースは東に比べると部分的にコース幅が広かったり、極端にラバーが乗っていたりとウェットはドライにも増して奥が深いコースです。上手に攻略できたでしょうか?



今回は残念ながら欠席でしたが、次回のモートレ17は古瀬も参加します。また新しいネタと作戦を練っていきますのでお楽しみに!!



暴父さん>良かったらいつでも「同行上等」ですよー。(笑)8月お待ちしてます!



赤霧さん>日程変更が良い方向にいって良かったです。ちょっと期間があいていますが、くれぐれも予習でホームランしないように注意してくださいね。(笑)
モータースポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


8月の予定

と。。。何も無かったように再開してみる。(汗)



8月のモートレに参加予定だった皆様。突然の日程変更、申し訳ないです。急に8日から4日間ほどシドニーに行くことになってしまいました。もともと8日にロンドンから帰国予定だったので成田空港到着の4時間後に再びシドニーに向けて離陸というタッチアンドゴーです。変更後の21日はもちろん古瀬も参加します。



9月に計画中のPTUスペシャルはコソ練希望な方、大歓迎です。みっちりやりますよー。(古)
モータースポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


マクラーレン

既にツイッターでは報告しましたが、先日はマクラーレンでのお仕事でした。最初は私一人だったんですが、車が2台あるとのことで急遽、鈴木君を呼ぶことに。昨年のGT1もそうでしたが、急にモンゴルに呼ばれたりイギリスに呼ばれたりと彼も大変ですねー。呼んでる本人が言うのもなんですが。。。笑



発売前のMP4-12Cに乗る仕事だったんですが、いやはや今まで乗った車とはコンセプトも次元も違う感じでした。



いつかこんな車がモートレに来るんだろうか。。。と思いながら仕事してました。笑



ただ、電子制御のドライビングエイドがすこぶる賢いので、PTUで悪い例を出すのはかなり難しいかも。「なり」でも恐ろしく速く走ってしまう車でした。こういう「容易にレーシングスピードを操れる」というのも今後のスーパーカーの定義に入ってくるのかもしれませんね。パフォーマンスだけでなく、ハンドリングもブレーキングもスーパーイージー。。。



なによりも楽しかったのが何度でも「おかわり」可能で簡単操作なローンチコントロール。この車を買った人なら間違いなく友達に見せたい機能だと思いますが、公道での使用は難しいかも。3秒で免停くらいます。笑



とにかくファンタスティックに速過ぎな車でした。



買える人にはオススメです。笑
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


冬トレ

イレギュラーな冬季限定企画で行った冬トレ。相手が大自然なだけに直前の告知しかできなかったにも関わらず、いつもの猛者達に集まっていただきました。普段のサーキット走行とは全く違う条件。しかも常に変化する路面状況、いかがでしたでしょうか?



この雪上トレーニング、実はF1ドライバーを始めとするプロドライバー達がシーズン前のブラッシュアップに使う北欧のラリースクールのアイデアをいただきました。



中でも有名なのはユハ・カンクネンのスクール。こちら↓



http://www.juhakankkunen.com/driving_academy/en/driving_academy/racetracks.php



数年前にユハ本人と話したときに、このスクールの話を聞いたことがきっかけで、ずっと考えていたんですが、エビスサーキットさんの協力で日本で実現することができました。



また、機会があればやりたいですね。

もちろん、参加者の皆さんのフィードバックを参考にしたいと思います。



では、くれぐれも風邪などひかれないように。

お疲れ様でした!!





追伸>暴父さん

勇姿をモートレ名物の「スパイカメラ」で見せてもらいました。

最初は、地元のおじさんが乱入してきたのかと思いましたが・・・

走りを見てすぐに暴父さんだとわかりました。

その理由は・・・



次回の前夜祭で。笑
モータースポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>