ほっとする瞬間

最近は仕事の関係上、現場はインストラクター中納に「おまかせ」が多く、私は人に会うために先方の会社を訪問したり、時には一日中事務所で電話応対をしているためになかなか現場に行く機会がありません。それでも、どちらかというとデスクより現場が好きな肉体労働派なので、出来る限りドライバー達の走りを見るためにサーキットに出かけるようにしています。例え寒かろうが雨が降っていようが現場の空気は格別なんです。そのなかでも私が密かに楽しみにしていることは、なんと言っても朝イチのコーヒー。なんの変哲もないインスタントコーヒー、しかもトランスポーターのタンクの水を使っている時などは怪しいフレーバーが追加されています。でも、走行前のほんの一時にトラックの運転手(こちらではトラッキーと呼ばれます)がチーム員に振る舞ってくれるコーヒーはなんとも言えない現場の味がします。贅沢を言えばこれに自分の手から香るほのかなオイルの香りが混じっていると最高ですね。自然にやる気が出てくるシチュエーションですね。
モータースポーツ | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


1