久しぶりのF1テレビ観戦

ひさしぶりにゆっくりと自宅のテレビでアブダビGPを観戦。ここは昨年、一昨年とGTの開幕戦があった場所。いろんな意味で思い出深いサーキットです。レースの内容もなかなか見ごたえありましたね。特にライコネンのセーフティーカー直後のファステストラップにはしびれました。先日のモートレに遊びに来たJRMのメカニックが言った言葉そのままでしたね。



「いいドライバーは、必要なときに速く走れる」



まさにそれを証明する走りで復帰後の初優勝を決めてくれました。



さらに、これは日本の放送で拾ったかどうか微妙ですが、レース中のエンジニアと彼の会話に大爆笑。前半、5秒以上のリードでトップ独走中にそのタイム差をエンジニアがキミに報告すると



「Leave me alone. I know what I am doing!!!」



日本語にすると・・・



「ほっといてくれ。わかっとるわぁ!素人とちゃうわ!!」



ってな感じです。



そして、後半に再び入ったSCでエンジニアがタイヤの温度を保つようにリマインドしたところ、まだエンジニアが話し終わる前に割り込んで



「YES,YES,YES, I know, Don't need to tell me every second!!」



日本語にすると・・・



「はい、はい、はいぃ!!何べんも言わんでええんじゃ!!」



とまあ彼が関西弁を話すかは別として。。。笑



とにかく、今日のキミは100%のキミでしたね。もちろん、チームスポーツなので彼の言動には賛否両論あると思いますが、私は好感をもっています。優等生のふりをした同じカラーのドライバーばかりではレースはつまらない。ルールを守ってさえいれば、どんなドライバーでも速い奴がトップ。自分が持つ速さだけで勝負する彼の姿は持って生まれたカリスマ性なんでしょうね。



特に今日の集中力はハンパないレベルでした。現状のパッケージで勝つために必要な集中力とテンションを保つための彼の言動と考えればチームも納得だし、なによりテレビを見ている視聴者にはとても美味しい。笑



表彰台で、DCにインタビューを受けた際、ひさしぶりの優勝は感慨深いか?と聞かれ「いや、べつに」と答えたキミの言葉は「自分は勝って当然」と信じて疑わない彼のメンタル面の強さを物語っていた気がします。



誤解も受けやすい彼ですけどね。。。素でグランプリを戦える彼を理解し、心から羨ましく思っているドライバーは世界中にいるはずです。



日本にも何人かいるんですけどね。表彰台で笑顔を見せなくて後で怒られてる若手ドライバーが。。。笑



今の日本のシステムでは評価されにくいかもしれませんが。。。
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


マクラーレン

既にツイッターでは報告しましたが、先日はマクラーレンでのお仕事でした。最初は私一人だったんですが、車が2台あるとのことで急遽、鈴木君を呼ぶことに。昨年のGT1もそうでしたが、急にモンゴルに呼ばれたりイギリスに呼ばれたりと彼も大変ですねー。呼んでる本人が言うのもなんですが。。。笑



発売前のMP4-12Cに乗る仕事だったんですが、いやはや今まで乗った車とはコンセプトも次元も違う感じでした。



いつかこんな車がモートレに来るんだろうか。。。と思いながら仕事してました。笑



ただ、電子制御のドライビングエイドがすこぶる賢いので、PTUで悪い例を出すのはかなり難しいかも。「なり」でも恐ろしく速く走ってしまう車でした。こういう「容易にレーシングスピードを操れる」というのも今後のスーパーカーの定義に入ってくるのかもしれませんね。パフォーマンスだけでなく、ハンドリングもブレーキングもスーパーイージー。。。



なによりも楽しかったのが何度でも「おかわり」可能で簡単操作なローンチコントロール。この車を買った人なら間違いなく友達に見せたい機能だと思いますが、公道での使用は難しいかも。3秒で免停くらいます。笑



とにかくファンタスティックに速過ぎな車でした。



買える人にはオススメです。笑
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


今年の初フライト

さあ、今日からまた飛びまくりの1年が始まります。JALさんよろしく。今年はできるだけモートレに行こうと思っているので参加者の方々に会えるのを楽しみにしています。



今週金曜からは幕張メッセにいます。

屋外のイベント会場にあるオレンジ色のテントの中でストーブを占領している奴がいたらそれが古瀬です。きっと。笑



お越しの際は声をかけてくださいね。

たぶん、今年はそんなに忙しくないと思うんで。



希望・・・・。



>暴父さん

あれはレース用に速くするのが難しい車です。(きっぱり)



あ、ロードカーとして完成されているという意味です。(汗)
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


12月ですね

外は雪景色なイギリスです。今年のイギリスは夏涼しく冬は寒い・・・と聞いています。。。実は怒涛の出張で3ヶ月くらいしか家にいれなかったので今年の気候は良くわからないんです。。。
続きを読む>>
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


スピークイングリッシュ

以前から、「古瀬さんのように英語で話せるようになるには、どうすればいいですか?何かコツはありますか?」という質問を良くされます。



その質問にいつも答えているのがこれ。
続きを読む>>
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


嵐の前の・・・

比較的穏やかな日々が続いています。



天候も。仕事的にも。



まるで今月末から始まる怒涛の海外出張の前の静けさのようです。





静けさと言えば・・・



ご存知な方も多いかもしれませんが、昨年の10月頃、オートスポーツ編集長である有冨氏と童夢の林氏がお互いのブログ上で熱い問答を繰り広げていましたよね。いまは静かになってしまいましたが・・・。
続きを読む>>
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


あっというまに年末です。

しばらくです。ミラノ出張から戻り、今年の仕事もひと段落・・・・と思った矢先にレース業界のさまざまな場所で「どんでん返し」的な展開が起こっていて、予定していたクリスマス休暇を返上して現在PCとにらめっこ中です。。。まあ、大変な事が起こったときに、HFを頼りにしていただけるのはそれだけ信頼と期待をされているということなので、非常に光栄なことではあります。ただ、最近その期待が大きいのでなかなか大変なんですが・・・やりがいはあります。笑
続きを読む>>
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


シーズンオフ

日本はS耐の最終戦も終わり、いよいよオフシーズンですね。私はイギリスで一足先にのんびりとした週末を過ごさせていただきました。関係者の方々、お疲れ様でした。
続きを読む>>
イギリスの生活 | comments (0) | trackbacks (0) | pagetop↑


1 2 3 4 5 6 >>